PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

梅酒開封

先週、去年漬けた梅酒を開けました。
3種類漬けました。
IMG_2289 (中)
左から、ホワイトリカー&黒糖、ブランデー&氷砂糖、ホワイトリカー&氷砂糖です。
真ん中のブランデーに漬けた梅は、全部しわしわになっていました。
エキスが全部出てしまったのかな。
ホワイトリカーに漬けた梅は、底のほう(砂糖が濃く溶けているところ)ではしわしわでしたが、上のほうは丸いままでした。
高校の文化祭でやった「浸透圧」の展示を思い出してしまいました。

去年までは梅の実は少しかじって、あとは捨てていましたが、今年は梅ジャムにトライしてみました。
IMG_2292 (中)

果肉が残っている梅を茹でて、柔らかくなったところで種を取り除きます。
(茹で足りなくて果肉が硬いのは捨てたので、重さは半分ぐらいに減ったと思います)
IMG_2295 (中)

完成品がこれ ちょうど300gの瓶に収まりました。
煮詰めているときは甘く感じたので、砂糖は5さじぐらいしか入れなかったのですが、冷めるともうちょっと甘いほうがいいようです。
IMG_2296 (中)


ところで、3種類の梅酒の味ですが、
家族は、オーソドックスなホワイトリカー&氷砂糖が一番いいとのこと。
黒糖のは、お湯割りを口元に持っていったときに黒糖の香りがするのと、飲んだ後黒糖の後味が残るのとで、いまいちでしたが、炭酸で割るといいらしい。
ブランデーのは、お湯割りでは香りがきつ過ぎるとのことでした。

私はブランデーのがいいですが、今年はどれもすっぱさが強く感じられたので、それだと普通の梅酒が一番かな。

追記
家内がカリンの実を貰ってきて、「漬けたい」というので、梅酒の瓶を空けることにしました。
ホワイトリカー&氷砂糖のは、720ml.(四合瓶)で4本とれました。つまり約2.5ℓ取れたことになります。
ホワイトリカーは1.8ℓしか入れていないので、0.7ℓは梅の水分ということでしょう。
ホワイトリカー&黒糖のは、少し少なく、720ml瓶3本と360ml瓶1本でした。
ブランデーのは空き瓶がなく、まだ広口瓶に入ったままですが、見た目でもホワイトリカーのより多いのがわかるので、3ℓぐらいあるかも知れません。


スポンサーサイト

| 日記 | 14:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://morimori2nd.blog24.fc2.com/tb.php/132-f0fb30c8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。